タイムカードの利便性


大企業はもちろんのこと、中小企業でも、最近はタイムカードを導入していない企業はあまりないでしょう。

それというのも、タイムカードがあることにより、それまでよりも圧倒的に勤怠管理がしやすくなっているからです。


タイムカード導入前、多くの企業は管理簿への出勤時間、退勤時間の記入、サインのみであったのではないでしょうか。

この方法は、一人ずつ、勤務時間を計算する必要があり、人事担当者にかかる負担がかなり大きくなっていました。
また、個人の良心に任せているところもあり、遅刻、早退をごまかしやすくしているという側面もありました。しかし、タイムカードを導入することにより、そのかたちは大きな変化を見せました。



まず、コンピュータ管理になるので、勤務時間の計算が自動的に行われること、また、遅刻、早退も確実に記録されているため、疑いなく一発で確認することができます。



打刻漏れや打刻ミスもあるため、多少のアナログでの確認は必要になりますが、それでもタイムカード導入前と比べると雲泥の違いがあります。

人事部門、総務部門もこれにより、人員を減らすことに成功し、大きな人件費の削減を達成していると思います。

ほとんどの場合、人事部門、総務部門は限りなく0に近づけたいというのが、多くの経営者は考えています。

これらの部門は、会社に利益をもたらさないからです。
システムの大きな変化は、社内の人事の動きも大きな改革をもたらしたといえるでしょう。

あなたのご要望に応じたGirls Channelが一般的になってきました。