エコカラットが東京の家庭のリフォームに人気の理由

subpage01

エコカラットは、東京にある多くの一般家庭の住宅や会社、病院などでも利用されている室内用の壁材です。


機能の大きな特徴には、嫌なニオイを吸収してくれる脱臭効果、また、湿度を調節する調湿効果にあります。
そのため、壁にエコカラットを使うだけで、東京の建物の中での過ごしやすさは格段にアップします。
室内の空気の嫌なニオイは、「生活臭」と呼ばれるものです。人が普通に家で生活しているだけでも、さまざまなニオイが発生するのは当たり前のことです。

最もニオイの強いものには、トイレのや生ゴミのニオイが挙げられるでしょう。



また家族にタバコを吸う人がいたり、ペットを飼っている家庭も東京には多いもの。しかし、エコカラットの壁がある室内では、これらが混じりあった生活臭も、微細な孔に吸着されニオイが軽減される特徴があります。
また、初夏から夏場にかけては降水量が多く湿気でムシムシしがちな上、冬場は乾燥しがちな東京では、エコカラットの調湿効果が役に立つでしょう。



タイルの表面の微細な孔によって、湿度の高い時期は湿気を取り、湿度が低くなるときには、水分を放出する機能があります。
年間を通して湿度の高い脱衣所でもその効果は感じることができるほどです。建物で過ごす時間を快適にするエコカラット。

東京の工務店やリフォーム店などで、施工してもらうことが可能です。



壁紙の選択肢の一つとしてもオシャレで高機能な多孔質タイルは、注目のリフォーム材です。