勤怠管理システムによる業績UP効果


アルバイトやパートは、出勤する際あるいは退勤する際、それらを自動で報告できる、記録することができる勤怠管理システムを利用します。

これによって、出退勤情報を管理者が把握することができ、怠惰の有無を確認することもできます。
つまり、タイムカードを切るときに使うシステムのことです。



この勤怠管理システムにより、まず出退勤の時間管理を徹底することが可能になります。
就労者1人1人が時間に気をつけることにより、勤務態度の改善にも繋がります。

OKWaveの情報も豊富で、検索サービスも豊富なサイトです。

そして、管理者は勤怠管理システムの記録を確認することで、出退勤状況、就労時間が分かります。

アルバイトやパートならば、時給計算時に非常に頼りになるシステムとなります。

これに対して1つ問題点が発生することがあります。


勤怠管理システムをただ出退勤の状況確認のみなら良いですが、時給計算時に使用する際、”正しい記録”が必要不可欠になります。

つまり、ほんの少しの誤差によって、給料のズレが生じることになります。これを利用して、意図的に給料が上がるように、出退勤時間を挑戦することができてしまいます。タイムカードを切るタイミングをずらすということです。


これでは、正しい給料を渡すことができず、場合によっては騙しとられる可能性があるので、このシステムを利用する際は、徹底して指導し、1人1人が注意しなければなりません。



以上のことから、勤怠管理システムによって、出退勤状況の確認や時給計算の効率化が計れるメリットがあり、同時に不正利用による給料を騙しとられる可能性が出てくるデメリットがあります。